出会う努力

京橋のデートクラブはココが人気ですね。|ラブリンク
東京で有名な交際クラブを利用するなら< プレリュード南青山>

「チャンスは待っていてやってくるものでは無い。チャンスは自分で掴みにいくものだ!!」
といったセリフって様々なドラマや漫画やアニメなんかで使われている、定番中の定番のセリフですよね。
ドラマや漫画が好きな私はこのような言葉を耳にたこが出来るぐらい聞いていますが、最近この言葉の意味が自分の中でやっとのこさ理解出来るようになってきました・・・。
私がこの定番セリフの意味を理解・・・。それは、「異性」との運命の出会いを果たしてからです。
来年の2月に、籍をあげることが決定したのです!!イェーイっ、パチパチパチパチ・・・。ヒューッヒュー・・・。
はい、どうせ誰も祝ってくれる人なんていませんよ、ぷんっ。

まぁそんな私の話は置いといて、と。
異性との運命の出会いを果たした・・・・と言いましたが、これにはあるチャンスを自分で掴みにいったからこそです。
私が働いている職場って、男性が全くいない職場であり、常にオフィスは汗臭い、男臭い状況。もちろん、オフィス内を清掃する人間もおらず、フロアは完全に荒れ果てていましたね。
女っ気のない連中が集まっていたからこそ、合コンなどといった異性と出会う為の行事なども一切無し。私は仕事の為に状況していた為、知り合いなども全くいず。ということは、必然的に自分から動かなければ異性との出会いなど全くといってなかったのです。そんなこんなで、気づけば数年という長い歳月が経過していました・・・。

私も知らない間に30代の人間。このままこの男臭い職場で働き続けた場合、一生独身になってしまう・・・。
流石に焦りを感じた私は、今まで利用する気の無かった「出会い系サイト」に手を出したのです。
出会い系サイトといえば、ネットを通じて異性との出会いを果たせる画期的なサイト。「本当に異性と出会えるのか・・・。」と、心臓をバクバクさせながら利用することにしました。この時の状態というのは、好きな子に初めてメールを送るような、そんな感触にも似ていましたね。
が、そんな私のウブな心は、瞬く間にぶち壊されることに・・・。私が初めて利用した出会い系サイトというのは、どうやら「サクラ」の巣窟だったみたいなのです。
サクラというのは、簡単にいえば女性のフリをした男性のこと。(逆の場合もあります)いわば、出会い系サイト自体が利用する人間からお金を巻き上げる為に運営されており、女性会員のほとんどが、この運営会社が雇ったサクラだったのです。実際に存在しない女性と連絡を取る訳ですから、出会える訳などもちろんありません。一通メールする度にお金が必要だったので、少しでもメールを長引かせようといったテクニックを用いて、利用者を騙し続けるのです。

初めて利用した出会い系サイトでこんな思いをしたのだから、私の心はボロボロ・・・。もうこんなサイトは信用しない!!そう思っていました。
が、これが人間の性なのかわかりませんが、「たまたま今回はそういったサイトを引き当てただけ。ちゃんと調べてサイトを選べば、騙されないはず・・・。」
そう思った私は、入念に調べて新たな出会い系サイトを利用することに・・・。一見、またバカなことを繰り返している・・・と思われてしまうかも知れませんが、この選択肢が、私が運命の出会いを果たすキッカケになったのです。
私が次に利用した出会い系サイトというのは、「交際クラブ(デートクラブ)」と呼ばれるサイト。
交際クラブ(デートクラブ)は、私が以前利用した出会い系サイトと比べて、180度システムが異なり、まさに画期的なサービスだったのですっ・・・!!

人妻に出会いというあなた、ここなら出会えます!|最強出会いサイト
ゲイに出会える最大級の出会いサイト|MEN'S CLUB

category